見極め方

レーシックに失敗するとどうなるの?

視力回復の為に必要な手術としてレーシックと言う物が存在しますが、そのレーシックに対する注目度は国内のみならず海外からも強い支持を集めています。
年々レーシックを受ける利用者は増え続けているのですが、その事から手軽で簡単に出来る手術だと考えてしまう人も少なくは有りません。
しかし、実際にはレーシックの失敗例も多く見られており、その失敗例の多くが術後の発症なのですが、場合によっては再手術を余儀なくされる事も少なくないのです。
その為にも、レーシックに失敗するとどうなるのか、と言うお話を進めていきます。

基本的に術後に発症しがちな症状は大きく分けて2種類有ります。
1つは感染症等の衛生面で発してしまう後遺症であり、もう1つはドライアイ等を発してしまう合併症なのです。
後遺症に関しては、角膜の感染症と網膜はく離が挙げられるのですが、感染症に関しては衛生面を管理していない医院で起きてしまう事だけが原因なのでは無く、術後のアフターケアを怠った場合でも発症してしまう危険性は十分に考えられます。
網膜はく離に関してはしっかりと眼底検査を受けることで避ける事が出来るので、比較的軽度な対策で済むのです。

そして、もう1つの合併症http://www.necrotania.com/gaxtupeisyou.htmlに関しては後遺症と違って様々な症例が考えられています。
先ほど紹介したドライアイもその1つなのですが、レーシックを受けた3割程度の患者が治療機関に掛かってしまうと言われています。
その場合は点眼液などの処方で改善する事が可能なのですが、他にも、視力が足りなくなる矯正不足や全体が二重に重なって見えてしまうゴースト現象等、数多く存在するのです。
それぞれ改善法は異なっているのですが、食生活の改善やサプリメントによる予防も考えられています。

以上の事から、レーシックに失敗した場合の症例は、後遺症か合併症等の症状に見舞われる危険性が有ります。
いずれにしても的確な医師の改善方法を試みれば解決していくのですが、その為にも良い医師選びが必須になってくるのではないでしょうか。


このページの先頭へ