見極め方

レーシックの落とし穴

視力の低下が原因で眼鏡やコンタクトレンズを使用する方は少なく有りませんが、そのような方であれば一度はレーシックと言う視力回復の手術を耳にした事があるのではないでしょうか。
レーシックとはもともと海外から広まって需要が高くなってきたのですが、その注目度は海外から日本国内にも発展しています。
現在でも利用者が年々増えているのですが、その価格は最低20万以上~50万程度と考えられています。
それほど高額な手術にも関わらず、実はレーシックには落とし穴が存在するのです。

実際にレーシック手術を利用した方でも、再び視力が元に戻ってしったと言うケースが見られています。
確かにそのような症例は稀であるかもしれないのですが、発生している事に変わりは有りません。
更に、レーシック術後に発症する後遺症や合併症に関しても同様の事が言え、安全性には未だ万全の可能性を兼ね揃えていないのです。
その事からも分かるように、レーシックには手術中に気が付かなくても手術を終えてから見えてくる落とし穴が数多く存在するのです。

具体的に説明するのであれば、術後に過矯正というトラブルに直面する事が有ります。
言葉の通り矯正が度を越えた状況を現しているのですが、そのような方々をレーシック難民とまで呼ぶようになっているのです。
もちろん視力が元に戻ってしまう症例も多く見られているので、このようなリスクに直面しても良いと言う覚悟があればレーシックに挑戦しても良いのではないでしょうか。

レーシックによる視力回復とは、これらの事から完全な安全性が確保されている訳では有りません。
手術をしている最中では分からないのですが、視力が再び戻ってしまったり過矯正してしまったり、場合によっては術後に感染症等の後遺症や合併症も発症する危険性が有るのです。
これらのリスクをしっかりと把握した上で覚悟が決まった方であれば、レーシック手術を試みてみるのが良いのではないでしょうか。


このページの先頭へ