見極め方

レーシックってどんな手術?

視力に関して、小さい事から悩んでいる方は少なくないのですが、もちろんそのような方々であれば今までに様々な苦労をしてきているのです。
例えば幼少の頃から生まれつき目が悪かったのであれば、幼稚園の頃には眼鏡をかけていたと言う方も多いのですが、その分費用も掛かってしまいます。
眼鏡が厄介な事からコンタクトレンズにする方も居るのですが、眼鏡と同様で毎回費用が掛かる事は勿論ですし、何よりも通院したり毎日手間暇が掛かる面倒さが欠点なのです。

その事から最近では、日本でもレーシックと言う手術が行われている病院も多いのですが、その利用者は年々増え続けています。
アメリカでは既に、1年間に150万人以上の方が受けるくらいの注目度を誇っているのですが、日本でも負けず利用者が増えている事は確かなのです。
では、実際にレーシックとはどんな手術なのでしょうか。

レーシックの手術に必要な物はマイクロケラトームと言う機材なのですが、それを駆使して角膜の表面を一辺だけに繋がった状態にするように切り開きます。
この捲った部分はフラップと呼ばれています。
この後、エキシマレーザーによって角膜自体に照射していくのですが、照射が終了すればフラップを元に戻し、被せる事で終わります。

この方法には、角膜の上皮やその下に存在するボーマン層を温存する事ができるために、手術後も短い期間で角膜保護に至る事ができるのです。
これが、まさにレーシック手術の一連の流れなのです。

目の悩みを抱えている人であれば一度は耳にした事の有るレーシック手術ですが、その利用者は国内問わず、海外でも多くの方が受けています。
具体的にレーシックとは、角膜自体にレーザー照射する事によって視力回復を試みる手術なのですが、その注目度は年々伸びているのです。
もちろん痛みが少ない事においてもレーシック手術の1つの魅力となっており、既存の矯正手術に比べればメリットが数多く存在するのです。


このページの先頭へ