見極め方

レーシックはどこで受けられるの?

現代であれば、視力が悪い方が眼鏡やコンタクトレンズを使用して視力を補正する事が当然となっていますが、もちろん視力を回復する為の手術も存在しているのです。
中でも近年急激に注目度を増しているのがレーシックと呼ばれる手術方法であり、レーシックには海外を始め、国内でも利用者が数多く実在しているのです。
その注目度からも視力の悪い方であれば是非試してみたい手術なのですが、実際にはどこで受けられるのでしょうか。

基本的にレーシックを受けることが出来るのは、眼科を含んだ病院やクリニック、大学病院・個人病院等です。
その中でもレーシック治療を扱っている機関かどうか、を確認すれば良いのですが、実際にはもう少し奥が深いのです。
レーシックとは日本眼科学会が認定している眼科の専門医のみが行う、と決められているのですが、クリニックや病院の中でも、認定されていない眼科医が執り行っている事が案外多いのです。
だからこそ、レーシックを扱っている医療機関であっても、認定された認定医なのかどうか、をしっかりと確認しておく必要があるのです。

更に、レーシックは人間の角膜に直接的に手術をしていくものなので、過去の症例が少ない機関であれば安心して受けることが出来ません。
もちろん技術の高さも充実していれば良いのですが、その事からクチコミやホームページの広告だけでは一概に判断しないようにしましょう。
どんな手術であってもリスクが付いてくるのが当然の事ですが、このレーシックには他の手術以上に重度なリスクが考えられているのです。

これらの事をまとめると、基本的にレーシック治療を扱っている病院や大学病院、クリニック等であればどこでも受ける事ができます。
しかし、実際には日本眼科学会が定めた眼科の専門医のみが治療を行ってよいものなので、それに認定されていない眼科では受けないのが理想的なのです。
レーシックには多大なリスクが付いてくるので、その事からも絶対的に安心出来る機関を選択する事が良いのではないでしょうか。

このページの先頭へ