見極め方

レーシックのアフターケアとは

視力に関する問題は現代でも多く存在しますが、人間の視力を回復させる手術としてレーシックと言う物が非常に注目されています。
レーシックとは目の角膜に対して直接レーザーを照射する事によって視力回復を試みる手術方法なのですが、その手術には成功例のみが挙げられている事でもないのです。
失敗例の多くは手術後に必要なケアを怠っていた為に様々な症状に掛かってしまう事であり、そのリスクを回避する為にもレーシックのアフターケアが重要になってくるのです。

では、具体的にレーシックのアフターケアは何なのか、と言う事ですが、基本的には定期健診に通ったり保護眼鏡を付けて生活したり、点眼液や服用する薬によるケアを試みる事なのです。
レーシック手術を終えた目と言うと、まだ完全に角膜がくっついていない状態なのでズレないように気をつけなければいけません。
もちろんその角膜が不衛生になれば、感染症などの症状を引き起こしてしまうケースも有るので、十分に注意が必要なのです。

そのようなリスクを減らすためにもアフターケアの重要性が理解できるのですが、具体的に手間を要する物は一切有りません。
定期健診と言っても、手術翌日、一週間後、一ヵ月後、半年後、一年後等と数回程度しか有りませんし、保護眼鏡を要する方であっても紫外線予防が目的なので、サングラス等で代用できるケースも有ります。
更に点眼液や服用する薬に関しても、状況が悪化した際に出されることが多く、レーシック手術の成功が期待できる際にはあまり必要としないのです。

これらの事から、レーシックのアフターケアとは手間暇が掛かる面倒は物ではなく、手軽で簡単に出来る最低限のケアを取り揃えているのです。
レーシックの手術が手軽に出来るのと同様で、アフターケアに関しても数回の定期健診や紫外線予防、更には状況によって出される点眼液や薬を服用するだけで終える事が出来るのです。
この手間を惜しめば感染症などの症状に見舞われてしまうこともあるので、せっかくのレーシック治療を無駄にしない為にもしっかりとケアを行っていきましょう。

このページの先頭へ